うつわ坂 「矢口家のおやつ 矢口桂司/京美」に行ってきました

07/07/2011

こんにちは、久々の取材レポートです!
ちてな、3月に板橋から練馬区に移転しまして、
東京都というより埼玉よりなのです。
いつも車で、旦那さんと埼玉方面にお買物したりドライブしたり
温泉に行ったりしているのですが、このように「埼玉が近い」ということで、

いつも毎回欠かさず、個展案内をお寄せいただき、お世話になっている
埼玉県坂戸市の「うつわ坂」さんに、この度初めて、行ってまいりました!
(旦那さんに車で送り迎えしてもらいましたw)

入ると、ひろ~い! 予想以上に広い! そして天井が高~い!

ギャラリーの千葉さん(奥様)がカウンターにいらして、初ご対面!
クラフト縁の…と話してご挨拶したところ、
インターネットでしかやりとりしない方と直接お会いできるなんてと
笑顔で歓迎いただきまして、とっても嬉しいです♪♪♪

こちらの「うつわ坂」さん、オープンして15年だそうです。
もともと、備前焼や益子焼きなどの焼き物を、
産地に行かないと見れないのが残念、もっと身近で見たい、
というご要望が多く、産地に行かなくとも、
ここでお手に取ってご覧いただけるよう、ギャラリーをはじめられたそうです。

オープンして5年くらい経ってから、地元、埼玉近郊で、陶芸をされている方々
が実は、たくさんいて、そんな発見と出会いや交流があり、徐々に、
うつわ坂さんで、いろいろな陶芸作家さんの個展開催が増えていったそうです。
つい前回も、沖縄の陶芸作家さんの作品展が大好評だったそうです。
普段、なかなか行かない沖縄の陶芸を見る機会、滅多に無いですもんね!

こちら、長野詩織さんの作品。
実は、GWに、埼玉県日高市のサイボクハムガーデン内にある、
陶芸教室 武州土耕窯さんで、陶芸体験をしたのです♪
そこの先生でもあります。

「知ってますよ、皆さん、うちで作品展やってます」とうつわ坂さん。
あら~!そうなんだ!じゃあ知らないで、ちてな、載せてたんだなあ(笑)

左のお湯飲みは、翁長優さんの作品。
翁長さんは、サイボクハムの武州土耕窯さんの陶芸体験で、
最初に教えてくださった先生です!このカクカクした形、とっても素敵です!
うつわ坂さんも「これは珍しいのよ」とおっしゃってましたw
武州土耕窯さんの渡部幸治さん、これ見てるかな~、お元気ですかー(笑)

このような、意外な(?)繋がりがあって喜んでしまいました。
普段は、両壁の棚は、常設で、いろんな作家さんの作品を展示し、
中央のテーブルで、その週開催の個展作品が展示されています。

この日は、「矢口家のおやつ 矢口桂司(陶芸家)京美(パティシエ)」が
開催中でした。
陶芸家の旦那さまと、奥様はパティシエでしたが、出産を機にお休み。
うつわ坂さんが、出産前から、
「陶芸とお菓子の同じ”焼き物”コラボで、どうですか」
と企画を持ち込んだのが、きっかけだったそうです。

お子さんが産まれて二歳になったそうですが、
実は、お子さんがアレルギーをお持ちだったことから、
お子さんの為に、お子さんが食べれるものを考えて作ってきたそうです。
すると、自分の子供もアレルギーで悩んでいるという親御さんや、自身も
アレルギーで困っているという大人の方など、沢山いらっしゃることを知り。

そこで、自分の子供だけではなく、アレルギーを持っている子供から大人まで、
そして、アレルギーを持ってない方でも、美味しく楽しく安全に食べられるものを
ご提供しようと、パティシエ復帰をなさったそうです。
また、宇都宮のご自宅に、念願だったカフェをOPEN!
今回の「矢口家のおやつ」の企画は、まさに、矢口さん夫妻にとって
「背中を押してくれた」ようなものだったのかもしれませんね。

そんな、矢口京美さんのお菓子コーナー。

お得な矢口家のおやつセット
Aセット・・1,995円
すだれ文マグカップ1個。バナナケーキ1、ニワトコクッキー1。

Bセット・・・2、940円
スープカップ1個。チョコバナナケーキ1、バナナケーキ2、
チョコタルト1、ニワトコクッキー1。

Cセット・・・4、410円
長方形皿1個、豆皿2個。
チョコバナナケーキ2、バナナケーキ2、チョコタルト2、ニワトコクッキー2。

ちてな、お茶とお菓子を頂いたのですが、
ニワトコクッキーもチョコバナナケーキも美味しかったです!
この日、日曜日だったこともあって、次から次へとお客様がいらして、
うつわ坂さんは、お客様にお茶と、京美さんのお菓子をお出ししたのですが、
皆さん、「美味しい!」と大好評!

米粉の焼き菓子で、小麦、卵、乳製品を使っていないんです。
使っていなくても、こんなに美味しいんだと初めて知って驚きました!
充分、素朴で、あまくて、あたたかみのあるお菓子でした。

皆さん「美味しい」とセットをご注文したり、単品でお求め頂いたりと人気
でした! ちてなも、お土産で購入させていただきました。
とっても美味しかったです、ご馳走様でした★

また、京美さんの作られた焼き菓子と、桂司さんの器があうんです~!

深い色合いと、シンプルな形。みなさん、じいっと魅入っていました。

こちらは、くっついているわけではなくて、それぞれ離れます。
こういう重ね使いって、何を盛れば良いのか、わくわくしますね~!

矢口桂司さん。
1974年 宇都宮市うまれ。2001年 栃木県窯業指導所入所。
2003年 坂田甚内氏に指示。 2006年 市貝町にて独立。

益子の土、柿釉・飴釉・呉須釉を使い、
デザインされた矢口さんの益子焼きの器

来るお客様、皆さん、同じ場所で、同じお皿を手に取り
「これが欲しかった(けど売れちゃった)」と残念そうな笑みをこぼされてました。
皆さん、魅かれるところは同じなのでしょうか。

それでも、ぐるぐるぐるぐると時間をかけて静かに鑑賞し、
これだと思うものを、大事そうに(うつわ坂さんに厳重に包んでもらって)
お持ち帰りになられるお客様のお姿、とてもすがすがしく。

この正方形のお皿、ちてな好きです~♪ 
大中小とあります。この茶色の部分が、たまりません。
普段飲んでいる、黒豆茶の黒豆をのせたいw
あと、しょうがの黄色が頭に浮かびました。アジの刺身をしょうがで食べたいw

こちらも、正方形。ここまで色が濃いと、光沢が美しい。
まっしろで、とろっとした湯葉や、
野菜たっぷりのふわふわのおからを乗せたいな~♪ 
焼いた白身魚(一口大に切り分けたもの)にオリーブオイルをたらして、
パセリとかかけてあっても美味しそう~♪♪♪

長方形の大皿。このうねり模様、ダイナミックですね!
何を乗せて、どんなふうに使うかは、ひとりひとりの、お楽しみ。

色違い。キャベツ乗せたいかも~★ 
ざくぎりして、ごま油たらしただけのキャベツ!
あとは、アボガドサラダとか。皆で取り分けて食べたいな~♪

この日、近所の主婦の方が沢山、入れ替わり立ち代り、いらしてました。
子育てを通じて知り合い、陶芸が好きだったとは、後で知ったという方も多く。

ここに来ると、いつも何か違うものがやっていて、新鮮で楽しい!
また、とっても居心地がよく、うつわ坂さんとのお喋りも心地よく快適なので、
ついつい長居しちゃう~♪と皆さん、ほぼ同じことをおっしゃってました。

でも、それは、そっくりそのまま、ちてなも思いました!
なんだろう、とってもいい空間なんです! 空気が綺麗。
それぞれの作品がかもし出し、ギャラリー全体が包み込み循環する。
相乗効果なのかもしれません、どこから見ても何度見ても
「癒しの場」であると感じます。
皆さん、この「良い気」を感じ取っているのかもしれません。

ご近所の方が気軽にお立ち寄りくださり、
喜んでいただけるって、ありがたいことです。
そして、地域密着型のギャラリーって、楽しいものです!

「矢口家のおやつ 矢口桂司/京美」は7月11日(月)まで開催中です。
桂司さんの、こだわりの益子焼きの器と、京美さんの焼き菓子。
写真以外にも、たくさん器があります。お菓子も実際に食べていただくと
美味しさが歴然です! どちらも、うつわ坂さんで、ゆっくり、お楽しみください!

また、京美さんの「喫茶ニワトコノミ」は宇都宮市にオープンしています。
お近くの方は、是非、お立ち寄りください!

うつわ坂さん、突然お伺いしましたが、とっても楽しかったです。
どうもありがとうございました~(^0^)/★

▼うつわ坂
http://www.utsuwazaka.com/
10:00~19:00
埼玉県坂戸市南町22-4  電話 049-281-2400
東武東上線坂戸駅南口より徒歩約7分

▼矢口桂司さんのブログ
http://ameblo.jp/san-bou-mu-zai/


┗ 7月 7, 2011 |


はてな・twitter・facebook


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/26745088

このページへのトラックバック一覧 うつわ坂 「矢口家のおやつ 矢口桂司/京美」に行ってきました:


コメント


コメントを投稿