皆さんの投稿レポート  2009年5月 We Love Cats展

05/29/2009

「皆さんの投稿レポート」第11回目は、
2009年5月13日から5月18日まで、銀座のミレージャギャラリーで開催された、
7人の猫作家さんのグループ展「We Love Cats展」です。

それでは、皆様、どうぞご覧下さい☆

---------------------------------------------------------------
「We Love Cats!展」 ミレージャギャラリー
参加作家 石山徹、入倉真美子、斎藤甲子、
       下島みちこ、つきねこ、深津あさみ、ロチロチ
まとめ・下島みちこさんより
---------------------------------------------------------------

私たちミレージャギャラリーの「We Love Cats!展」、
無事、盛況のうちに終了しました!

今年で3回目となるミレージャギャラリーの猫展。
猫作家による猫を題材とした絵画、絵本作品の展示です。
前回、前々回から連続で出品されている方、今回初めて出品の方、
それぞれ個性豊かな猫たちが揃いました。

アクリル、ペン画、パステル、水彩などで描かれた、
メルヘンタッチな絵、リアルな絵、笑いを誘う楽しい絵。
一つの「猫」と言うテーマでも全く違ったタッチの作品たち。
期間中たくさんの方にご来場いただきました。ありがとうございます。

各作家さんからのコメントと、写真(各2枚ずつ)をいただきましたので
私、下島みちこの感想も添えて、ご紹介させていただきます。

入倉真美子
猫の絵に限らず、童画系のイラストを主に水彩(不透明)で描いています。
明度・彩度の高い画面を好みます。
CATS展には2度目の参加となりました。
今回は人間や、猫以外の動物が登場する絵も展示してみました。
そして少しだけ「夏」を意識してみました。

下島:
色使いが鮮やかで可愛らしいイラスト。
実物を見るととても細かいところまで線や塗りの作業をされていて驚きました。
夏をテーマにした絵も出品されたそうですが、釣りをしに行く猫、
船で冒険に出かける猫、見ていてとてもワクワクする楽しいイラストでした。

ちてな感想:
入倉さん、2回目の参加ですね。とても色がカラフルで目に飛び込んできそう。
観てて元気になってきます。青い海と白い雲もくもく。船の汽笛が聞こえそう。
オレンジのお魚さんが釣り針からミミズをとってしまっています。
芸が細かい。そしてとってもほほえましい♪
隣の「夏の日」という絵は、灯台が見えて波が見えて蟹さんが見えます。
奥のピンクの魚さんに目が行ってしまいます。ジャンプして出てきそう。
暑い日の、千葉のポートタワーの灯台を思い出しました。

石山徹
動物画作家。脳医学専攻3年生です。
本展示会では水彩、色鉛筆、インクを使った作品を展示しています。
猫の表情、しぐさに共通した愛らしさを表現しました。

下島:
石山さんの絵は実物を見るととても迫力があります。
絵は独学ではじめられたそうですが、ペンで描かれた上に色鉛筆の着彩。
近くでよく見ると虹色のようないろいろな色で
たくさんの細かい線がハッチングされています。
それが遠くからみると見事に混ざり合って写実的な猫になっています。

ちてな感想:
立派な猫ちゃんですね~!!! こんな毛の一本一本・・・。
目の光とか。これだけしっかり描かれていると、
猫って野生動物なんだよねと改めて思い出します。
不思議と、観ているうちに、その描かれている猫の表情に近い表情を
自分の顔で再現しようとしている自分がいることに気付き、
さながら、耳がクリクリ動きそうです♪

斎藤甲子
仙台出身。猫のアクリル画を中心にコラージュ画など自由に描いています。
主に猫ブログのお友達の猫さんを展示しました。

下島:
原画を見るとわかりますがアクリル絵の具と外国の新聞や
雑誌などの切り抜きをコラージュされています。
額縁も個性的で作品とよくマッチして
額縁を含めて一つの作品のように感じました。
作家ご本人にお話を聞いたところ
ご友人の猫たちをモデルにして描いているとのこと。
いろんな表情の猫たちがとても自由なタッチで生き生きと描かれています。

ちてな感想:
猫がとってもお洒落に画面で色と遊んでいるように見えます。
額もこってますね。絵の中の猫さんにふさわしい。
美しくて自由で気まま・・・美猫さんに頬がゆるみそう。
特にピンクの額絵が素敵です。ピンクのカーテン越し(?)の
黒猫ちゃんとか、もだえそうです~♪

つきねこ
お勤めの合間に描く兵庫県在住の日曜画家です。
今回は和風を前面に押し出して、筆を使って描いたイラストを出展。
ほのぼのとした笑いを誘うようなものを目指してみました。

下島:
作家さんご本人と少ししかお会いできず残念でしたが、
墨を使って描かれた和風な猫たちが独特な雰囲気です。
猫のしぐさがコミカルで、ときには擬人化されていたり、
見ている人は思わず笑ってしまいます。
作品ファイルも拝見しましたが、
ペンや筆で何気なくかかれたドローイング(デッサン)が
とてもお上手で線の一本一本が生き生きとしています。

ちてなの感想:
黒い絵も気になるし、猫がジャンプしてまんまるお月さまの前で
魚をもうちょっとでGETできそうな瞬間の絵とか、
細長い巻物に描かれた様な対照的な白猫黒猫など、
もっとマジカで観てみたい!と思うものが多かったです~♪

深津あさみ
1975年生まれ。パステル画と絵本を描いています。
絵本展、猫展などグループ展に出品しています。
新作絵本「みかんねことあいいろねこ」を出品しました。
それに合わせてこれまでのあいいろねこシリーズの
原画を見て頂けるよう展示しました。

下島:
「We Love Cats!展」初回からご一緒させていただいている作家さん。
今回は新作の絵本を出品されました。みかん色のねこが出てくるお話です。
深津さんの絵は見ているととても癒されます。
広い野原に暖かい日の光が降り注いでいるような。
額縁の向こうに別世界があるように思えます。
パステル画で深みのある色彩で描かれています。

ちてなの感想:
新作絵本 「みかんねことあいいろねこ」 見たかった~!
太陽の絵が多いのは、その絵本の原画なんですね。
ピンクの太陽、オレンジの太陽、ほほえみの太陽。
太陽って、いろんな色(光)があるから、
かなりパワーを使われて描かれたんじゃないかなあと思います。
その光が、きっと読んでいる方、観ている方に、
見えないうちに浸透していってるかもしれませんね。
そして、描いた深津さんご本人にも。

ロチロチ
アクリル等で猫絵等を描いたり等。
いつもどおりだったり、そうでもなかったりな猫絵たちです。
展示スペースが宇宙のように広大に感じます。

下島:
ロチロチさんも初回からご一緒させていただいている作家さんです。
初回のときと少しタッチを変えた感じの絵も拝見できました。
瞳の色がとてもきれいで、どの猫もみんな違う色をしています。
振り向いてこっちを見ているようなしぐさの猫もいます。
暖色系で自然の色使いが猫の可愛らしさとともに
野性的な雰囲気も感じ取れました。

ちてなの感想:
ロチロチさんの絵に会える、観れるのは、
このWe Love Cats展だけだから、ほんとうに観に行きたかったです。
でもこうして観れて、とても嬉しいです。
猫さんの背景の色や、お顔の色の重なりを光の下でつぶさに観たいです。
個人的には「Space」と白い看板の描かれた猫ちゃんの顔が好みです♪
そして、名刺の上の茶色の額の絵。形がいいですね~たまらない!
この形、色模様、瞳の色、ロチロチマジック!!!(喜*)
白い華厳の滝みたいなバックも素敵。神秘性が増しますね。

下島みちこ
挿絵イラスト、猫雑貨のデザインをしています。
猫と音楽モチーフを中心に絵画作品の展示、グループ展にも参加。
今回の展示では新作のパステルと水彩画で、
楽器演奏の楽しさ、喜びを描きました。

最後に私、下島の絵。自分でレポートするのも変ですが、
ここ数年ずっと描いている猫と音楽をテーマにした絵を新作で出品しました。
私自身、バイオリンを10年以上、
最近ではアマチュアのオーケストラで演奏活動をしています。
音楽は素人ですが、音にも暖かい音、星のようにキラキラ輝く音、
鋭く冷たい音、表情は様々です。
そんな音たちを絵で表現したい、楽器を演奏するときの音の重なり、
ハーモニーになって耳に入って来るときの心地良さ、
楽しさ、ワクワクを描きたいと思っています。

ちてなの感想:
今回、新作を描かれたということで、是非とも観たかったので
観ることができてよかったです☆ 外国を思わせるような
メルヘンな街並みに青い川でしょうか? 下島さんの色は
青でも赤でも紫でも、重たくなくて、深みがあって綺麗でうっとりです。
HPのTOP絵にもなってる、朝焼け(?夕焼け?)を背に
白猫ちゃんがバイオリンを弾いている絵など、下島さんそのものですね。
ほんとうに、バイオリンがお好きなんだなあって伝わってきます。
3人で演奏している絵も、昨年のオープニングパーティーでの
バイオリンコンサートを拝見しているので
あの楽しかった様子が思い出されてきました。
花火も上がって、ほんとうに、素敵な一夜ですね。

==========================

●ちてなの感想●

下島みちこさん、We Love Cats展に参加された作家さん皆さん、
作品制作、作品の展示、搬入搬出、画廊滞在と、おいそがしい中、
コメント及びお写真、どうもありがとうございました!!

ちてなは、昨年と、一昨年とWe Love Cats展、取材させて頂いて、
 ■2008年のWe Love Cats展取材レポート
 ■2007年のWe Love Cats展取材レポート
深津あさみさん、下島みちこさん、ロチロチさんは2回ともお会いしていて
オープニングパーティーも参加していることから、
今年も是非、鑑賞、取材にお伺いしたかったのですが
デザフェス取材&参加で、行けませんでした。

ミレージャギャラリーさんのHPで、
展示しているそれぞれの作家さんの後姿とか、
展示風景のお写真を見たときは、なんとも、胸がきゅーっとなって、
我が子が、遠く異国の地で展示会をしているような、
その姿をネット越しで見たような、その姿に、嬉しさとともに、
行けないけど、頑張ってって応援するような気持ちで見てました。
(大袈裟ですみません;)
それが、こんなに素敵なレポートをお寄せくださり、
写真ですが、作品が観れて、ほんとうに嬉しかったです! 

特に下島さんは、丁寧におひとりおひとりの作家さんに
ご感想を書いて頂いて、ありがとうございます。
いつも自分が感想を書くばかりですので、他の方の感想を
拝見することが出来て、とても新鮮でした。

「We Love Cats!展」に参加された皆さん、
このたびは、どうもありがとうございました(^0^)/☆

⇒ 今回、ご投稿いただいたのは・・・
   「We Love Cats!展」に参加された、石山徹さん、入倉真美子さん、
    斎藤甲子さん、つきねこさん、深津あさみさん、ロチロチさん、
    下島みちこさん、です! ありがとうございました☆

  ■下島みちこさんHP
    http://www16.ocn.ne.jp/~nnartbox/

  ■深津あさみさんHP
    http://aonekoya.com/

  ■ロチロチさんブログ
    http://blogs.yahoo.co.jp/ro_chishin

  ■斉藤甲子さんHP
    http://www.sagazaga.biz/

  ■つきねこさんHP
    http://www.geocities.jp/nekodamari222/

  ■ミレージャギャラリー
    http://www.mireyagallery.com/


はてな・twitter・facebook


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/19963703

このページへのトラックバック一覧 皆さんの投稿レポート  2009年5月 We Love Cats展:

» [猫]石山徹 動物画・牧羊犬トレーニング トラックバック ベランダ園芸・環境のこと
先週の土曜日、日本大学 湘南キャンパスのオープンキャンパスに行ってきました。 そこで注目したのが、石山徹さんの動物画。 とてもリアルな犬や猫の絵を制作しています。 公式ホームページやブログが見つからなかったので、 とあるギャラリーで開催した展示会へトラバして... [続きを読む]

トラックバック送信日 2009/10/27 5:30:33


コメント


コメントを投稿